ロボットプログラミング教室で
貴社のビジネスに新たな価値を創造します!

ロボ団FCの特徴

幼稚園から小学生全学年へのアプローチが可能!

ロボ団のカリキュラムは年長から始めることができる5年間の長期カリキュラムです。
※飛び級制度もあるので、学年の途中からでも開始可能
幼稚園(年長)から小学生全学年といった低年齢層にアプローチでき、
長期間生徒が在籍する安定した設計となっています。

導入事例


パソコンスクール × ロボ団

ロボ団で低年齢層を獲得し、新たな事業の柱を確立

プログラミング必修化の流れに乗って、小学生のプログラミングへの興味が高まっており、現在高年齢層が主体のパソコンスクールにおいては、
新たに低年齢層へのアプローチができるチャンスです。

パソコンスクールでは、すでにPC設備や講師のパソコンスキルも備わっているため、運営の負担も比較的軽く始められることができます。

低年齢層という新たなターゲットで、さらなる事業の柱を確立することが可能です。

幼稚園 × ロボ団

年長から始められるカリキュラムで、付加価値の高い課外活動を提供

通常のロボットプログラミング教室は小学生からのカリキュラムがほとんどですが、ロボ団では幼稚園年長から始められるようになってります。

少子化の中でより良いサービスが求められる幼稚園において、子供たちにも人気のあるロボットプログラミングは付加価値の高い課外活動をご提供。また、卒業した園児を対象に継続的な教育サービスを提供することもできます。

学習塾 × ロボ団

ロボ団で低年齢層へアプローチし、自塾のサービス利用へ誘導

ロボ団という集客力の高いコンテンツで低年齢層へアプローチし、ちゅこう学年で自塾サービスの利用へつなげることができます。

すでに子供や親とのコミュニケーションが確立しているため、スムーズな誘導が可能です。

ロボ団FCの特徴

体験会からの入会率70%以上!

※なかもず(本部直営)本校の場合

体験会の集客率70%


ロボ団ではすでに通っている生徒の客単価をアップするのではなく、新規顧客を獲得する戦略をとっています。

新規顧客獲得のためのチラシなどの販促ツールも、今までの集客データを反映した効果の高いものをFC加盟店にご提供しています。

定員30人のロボ団の体験会は有料にも関わらず集客率は72%※という高い集客率を誇っています。
※小学1~2年生対象のクラスの集客率

集客ツールについて >

効率の良い”有料”体験会


通常、ロボットプログラミングでは体験会からの入会率は10%以下と言われています。しかし、ロボ団では直営教室で70%以上、
FC加盟教室でも30~50%の入会率を誇っています。

体験会は有料にすることで入会意欲の高いお子様や保護者様が体験会に来てくださり、無駄がなく、結果として高い入会率につながっています。

FC加盟教室を対象にした初期研修では、体験会のやり方や保護者へのクロージング営業テクニックも研修内容に含まれています。

初期研修について >

生徒のロボット代不要で入会のハードルが低い


ロボ団ではロボット自体は教室で貸し出す仕組みを取っています。他教室ではロボットは買取のため、入会費用が高く、入会のハードルを上げてしまっていました。

しかし、ロボ団では教材購入の必要がなく入会費用がほとんどかからないため、入会のハードルが低く高い入会率に繋がっています。

ロボ団について >

ロボ団FCの特徴

ロイヤリティ率が低く、運営しやすい。

通常、ロボットプログラミング教室のフランチャイズ契約で発生するロイヤリティは30%と言われています。しかしロボ団では、『FC加盟校舎様に安定した運営を行っていただきたい』との思いから、ロイヤリティは20%と低く設定しております。

初期費用が安くてもロイヤリティが高ければ、それが負担になり教室運営を圧迫してしまいます。そのため、初期費用は多少かかっても、長年にわたり運営をしていただくために、ロイヤリティを低くしております。

導入費用と収支例をみる

ロボ団FCの特徴

理系やエンジニアでなくても、講師になれる!

ロボ団の講師の80%は実際にプログラミング初心者です。子供が好き・ものづくりが好き・新しいことが好きといった方なら誰でも
講師になることができます。ロボ団では研修制度やサポートが充実しており、プログラミング初心者でも、理系じゃなくても講師になれる仕組みを整えております。

本部サポートについて >

ロボ団FCの特徴

生徒数が多く、開教室初月から50名越えの実績も!

ロボ団はチーム力で考える力を育てるため、二人一組のペア学習制度をとっています。結果として、1クラスの生徒数が多くても教室運営しやすい仕組みとなっています。

現在、ロボ団の校舎の平均生徒数は25名。通常のロボットプログラミング教室に比べると比較的生徒数もおおいので、利益が出やすく安定した教室運営が可能です。

さらに、ロボットの数もペアラーニングのため、二人1台で済むため、設備コストは一人に1台の場合と比べると1/2となり、かなり軽減されるようになっています。

導入費用と収支例をみる

ロボ団FCの特徴

専用アプリで生徒の習熟度合いを把握し、スムーズな授業が可能!

ロボ団では生徒一人に一台、iPadの専用アプリを利用する仕組みになっています。レッスンごとに実施するWEBテストや家庭学習の結果はアプリで簡単に把握することができ、授業をスムーズに進めることができます。

また、専用アプリは保護者も確認できる仕組みになっており、講師と保護者とのコミュニケーションツールとしても有効なツールとして活用して頂けます。

導入費用と収支例をみる

ロボ団FCの特徴

空きスペースを有効利用できる!

ロボ団の教室は20mの広さがあれば始めることができます。すでにスペースを持っている塾やパソコンスクール・幼稚園や企業の方は、空きスペースを有効利用することが可能です。

対象が低年齢層のため、学習塾の場合は既存授業が始まる前の時間帯から授業ができますし、企業の場合は土日を有効利用することで、すでにある空きスペースを使ってロボ団を始められます。

導入業種例


民間企業 × ロボ団

休日の空きスペースを利用して、企業のCSR活動の一環に

民間企業では、土日の空いたスペースを有効活用して授業を実施し、人財育成を体現する企業として体外PRを行っていただけます。

空きスペースを利用することで収益が見込めるほか、ブランディングや採用でのPRにご活用ください。

 

ロボ団FC加盟に関するお問い合わせ

TEL 072-258-8111